header

予防医療

混合ワクチン
狂犬病ワクチン
フィラリアの予防
ノミ、ダニの予防


混合ワクチン接種について

いつからはじめて、何回するの?

生後8週齢頃より接種を開始いたします。
初年度は、犬は1カ月ごとに3回、猫は1カ月ごとに2回接種を推奨します。
その後は、年に1回の追加接種を行います。
当日は便をお持ちください。無料で検便を行います。

ワクチンはどのような病気を防げるの?

- 犬 -

6種混合ワクチン
ジステンパーウイルス感染症
犬伝染性肝炎
犬伝染性喉頭気管支炎
パラインフルエンザ感染症
パルボウイルス感染症
コロナウイルス感染症

8種混合ワクチン
上記の6種に加え、レプトスピラ感染症(カニコーラ、コペンハーゲニー)
※レプトスピラ感染症は人獣共通感染症(人にも犬にも感染する)です。

- 猫 -

3種混合ワクチン
猫ウイルス性鼻気管支炎
猫カリシウイルス感染症
汎白血球減少症

4種混合ワクチン
上記の3種に加え、猫白血病ウイルス


フィラリア予防について

フィラリアはどんな病気?

フィラリア症は蚊によって媒介される犬糸状虫が犬の心臓や肺動脈に寄生しておこる病気です。フィラリア症にかかると、ワンちゃんは激しく咳をしたり、胸やお腹に水が溜まり、とても苦しく、悪化すると命を落とすこともある怖い病気です。
ですが、適切な予防をおこなえば、ほぼ100%予防できる病気でもあります。

どうやって予防するの?

予防は通常5月~12月の8ヶ月の間で、毎月1回行います。
予防薬の種類は、錠剤、おやつタイプ、背中に滴下するタイプがあります。フィラリアだけでなく、お腹の虫なども一緒に予防する薬もあるので、詳しくはスタッフにご相談下さい。
毎年、予防薬の投与開始前には、フィラリア症に感染していないかを血液検査する必要があります。


狂犬病について

狂犬病はどんな病気?

狂犬病は犬だけでなく、人にも感染し、発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。
現在日本では発症していませんが、アジアの国々では狂犬病患者は増加傾向にあり、今後日本でも発生する可能性は高まっています。

いつからはじめて、何回するの?

日本では狂犬病予防法によって生後91日以上の犬で年1回の接種が義務付けられています。
必ず毎年忘れずに接種するようにして下さい。


ノミ、マダ二の予防について

ノミ、マダニが寄生するとどうなるの?

毎年、春から秋にかけては、ノミ・ダニの発生が認められます。
これらに吸血されると痛みとかゆみだけでなく、様々な病原体が体に入って病気になってしまうことがあります。

どうやって予防するの?

当院では犬、猫ともに背中につけるスポットタイプの薬をご用意しております。
毎月一回の定期投与をおこなってください。

患者様ご来院エリア:品川区 西小山 大田区 大岡山 北千束
【目黒洗足動物病院】 東京都目黒区洗足2-6-13  TEL:03-6451-0316
Copyright(c) 2012 目黒洗足動物病院 All Rights Reserved.