header

眼科

ショボショボする
充血(白目の部分が赤い)している
目やにが多い
涙が多く、涙やけがある
黒目が白くなってきた
夜の散歩を嫌がる
急にモノにぶつかるようになった
目やまぶたにできものがある

などはありませんか?

一見きれいに見える動物たちの眼にも症状が出ていないだけで大きな病気が潜んでいることもあります。
聴覚や嗅覚の優れている動物たちにおいては、視覚が軽度に低下しただけでは特に変化が見られない場合が多く、飼い主様が気づかないうちに失明などの取り返しのつかない状態になってしまうことがあります。
白内障や緑内障や網膜萎縮などの進行性の病気では、早い段階で治療を開始することにより進行を遅らせることができるものもあります。
初期の病変を診断するため、さらには肉眼ではわからない病変を発見するために眼科では特殊な検査が必要になります。

○目の特殊検査

視覚検査
障害物や接近する物体を認識し回避する一連の反応を総合的に判断して、動 物の視覚を評価します。

神経学的検査
光に対する瞳孔や眼瞼の反射を総合的に判断し、病変の有無や部位を推測していきます

涙液量検査
試験紙を直接角膜に当て、1分間に吸い上げられた涙液量を測定します。

細隙灯顕微鏡検査
スリットランプという顕微鏡を使用して主に結膜、角膜、前房、水晶体などを検査します。この検査では犬猫で頻繁に生じる角膜表面の病気や視界を遮る白内障の有無などがわかります。

涙液層破壊時間検査
目の表面は涙に覆われています。涙の状態が不安定だと目が乾く、ショボショボするなどのドライアイの症状がでてきます。

染色検査
フルオレセインという染色薬を用いて、目の表面に傷がないか確認します。

眼底検査
眼底には網膜、タペタム、視神経など目から入った情報を集めて脳に伝達する構造があります。この検査では視神経や網膜の病気のスクリーニングを行います。また全身性疾患の発見にもつながります。
眼底検査の場合散瞳処置(散瞳剤を点眼して瞳孔を広げる処置です)場合があります。これにより黒目で隠れていた部分が観察できるようになります。

超音波画像診断
眼球に対する有効な画像診断です。眼球を輪切りにして観察が可能で眼球の形態的異常が瞬時に分かります。

 

患者様ご来院エリア:品川区 西小山 大田区 大岡山 北千束
【目黒洗足動物病院】 東京都目黒区洗足2-6-13  TEL:03-6451-0316
Copyright(c) 2012 目黒洗足動物病院 All Rights Reserved.