header

医療設備のご紹介

 画像をクリックすると拡大表示されます。

超音波診断装置(エコー)
麻酔をかけることなく、お腹の臓器の動きや心臓の動きを確認することができます。
嘔吐や下痢の診断や心臓の病気の診断に非常に有効です。

顕微鏡
血液、尿、便検査、細胞診など多くの検査に有効です。
診察室のモニターに映して、飼い主様と一緒に見ることができます。

遠心器
尿検査や血液検査を行うときに必要です。
血球成分と血漿成分を分離します。

血液生化学分析器
血液検査を行う時に必要な機械です。
腎臓、肝臓、血糖値、電解質など体のさまざまな状態を短時間で確認することができます。

自動血球計算機
赤血球、白血球の数を測定して感染や炎症の程度、貧血などを評価します。

オートクレーブ
高圧高温にて滅菌を行う機械です。
手術を行う器具などは、この機械で滅菌されています。

麻酔モニター
麻酔中の心拍、呼吸、血圧、酸素飽和度などをリアルタイムで表示する機械です。
心電図をワイヤレスで感知できるため、入院中の動物の状態の確認も安心して行えます。

麻酔機
酸素と麻酔の量の調節を行い安心した麻酔管理が可能です。
人工呼吸機も備えており、呼吸管理も行えます。

モニター(Osirix)
レントゲンやCT画像、顕微鏡の画像を見ることができます。
診察室に設置されてますので、飼い主様と一緒にモニターをみながら説明することが可能です。

超音波スケーラー
超音波を利用して歯石を除去する機械です。

ネブライザー
薬を霧状にして吸入させる機器で、鼻炎や気管支炎の治療に有効です。

サクション
水分を吸引する機械です。
手術の時にお腹の中を洗浄したりする時に使用します。

輸液ポンプ
輸液を一定の速度で的確に点滴可能です。

微量点滴器
少しの量のお薬を少しずつ点滴することが可能です。
心臓のお薬を投与する時などに使います。

耳境 検眼鏡
耳の検査や眼の検査の時に使用します。

倒像境
眼底検査を行う時に必要です。

内視鏡診断装置
(OLYMPUS EVIS LUCERA 260)

消化管の内部の観察や、組織の採材を行うことにより、下痢や嘔吐などの消化器疾患の診断を行います。また、経口で栄養が取れなくても、体に必要な栄養を摂る方法としてのPEG(胃瘻)の設置や、動物に多い異物の発見や摘出にも有用です。

マイクロエンジン
先端のアタッチメントの変更により様々な用途に適応し、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼整復、骨折整復などの整形外科手術から歯科治療まで対応することができます。

ポータブルスリットランプ
(コーワ SL-17)

眼に光を当てて、拡大して観察できるため眼の病気の検査には欠かせない器械です。
眼の前眼部( 角膜,結膜,水晶体など)に異常がないかどうか詳しく検査できます。
蛍光染色観察用のブルーフィルターも装備しているので、眼の小さな傷なども解ります。

パンオプティック直像検眼鏡
(Welch Allyn)

拡大率が高く、眼底や視神経乳頭を検査する機器です。

眼圧測定器(トノベット)
従来の眼圧計とは異なり、点眼麻酔の必要がなく、数秒で測定が終わるため、動物にとってストレスのない検査が可能です。緑内障の診断・治療に不可欠です。

ウッド灯
(Philips BURTON)

ウッド灯検査は紫外線を当てることにより真菌(カビ菌など)感染を検出する検査法になります。
真菌から排出されたトリプトファン代産物に365nm長波長の紫外線をあてることにより発光させて検出するため、非常に簡便で動物の負担もなく行うことができます。

EOG滅菌機
EOGガスを使用することによりオートクレーブでは滅菌できない水分に弱い器具や熱により変性する可能性のある器具を滅菌することができます。

自動分包機
分割した錠剤や、粉薬を分包してお渡しするために使用します。分包する時間を短縮し、お待たせしないでお薬をご用意できます。

   

遠心分離機
採取した血液を遠心分離器で固形成分と血漿に分けてタンパク質の量などを調べる機器です。血液検査、尿検査などに使用します。

 

 

患者様ご来院エリア:品川区 西小山 大田区 大岡山 北千束
【目黒洗足動物病院】 東京都目黒区洗足2-6-13  TEL:03-6451-0316
Copyright(c) 2012 目黒洗足動物病院 All Rights Reserved.